Top/PHP/コーディング規約

PSR-1

PHPタグ<?php ?> もしくは、<?= ?>
文字コードUTF-8(BOM無し)
記述方法副作用のある処理(実行する処理)とクラスや関数の宣言はファイルを分ける
名前空間とクラスPSR-4規約に従う。つまり、一つのPHPファイルには一つのクラスのみ宣言すること。名前空間は最低でも1レベルは必要でトップにはベンダー名を付ける
クラス名StudlyCaps?(単語の先頭を大文字にして、空白は無し)
クラス定数名全て大文字で、単語の区切りをアンダースコア
メソッド名camelCase(最初の単語の先頭は小文字で、次からの単語の先頭は全て大文字にして、空白は無し)

PSR-2

基本PSR-1に準拠
インデントスペース4つを使用して、タブの使用は不可
行の長さ制限を設けてはいけない。しかし、80~120文字以内に抑えるべき
名前空間定義の後に空行を挟む。また、use定義ブロックも同様に空行を挟む
クラス・メソッドの括弧開始の括弧はクラス名の次の行に単独で記述し、閉じる括弧は最後の文の次の行に記述する
アクセス修飾子全てのプロパティ、メソッドで定義する。abstractとfinalはアクセス修飾子の前に、staticはアクセス修飾子の後に定義する
制御構造キーワードの後ろは1スペースを開け、メソッドや関数の呼び出しはスペースを開けない。開始の括弧は同じ行に記述し、閉じる括弧は最後の文の次の行に記述する。開始の括弧の後と、閉じる括弧の前にスペースがない

その他

変数名under_score(全て小文字で、単語の区切りをアンダースコア。但し、一貫性があればなんでもいい)
PHPだけが書かれたファイルには、最後に空行を入れ、終了タグ ?> は省略する
行末に空白文字列を含んではいけない
引数複数行になる場合、1行につき引数は1つまで

Links


Today: 1 / Yesterday: 1 / Total: 49

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-17 (日) 17:40:37